ずっとお片づけ

試行錯誤の末「人を呼べる家」になりました。やっと身に付いた整理整頓する習慣を継続させたいです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

年賀状

2008年お年玉付き年賀状ハガキの当選番号が発表になりました。


こちらから

我が家では70枚程来て、切手シートが2枚当たりました。
ちょっと嬉しい♪

早速、去年100均で買ったファイルに入れました。
ファイルに入れるのは2年分だけ。
それ以前のやつは、残しておきたいハガキだけ残して廃棄。
でもこれは自分の分だけ。
夫は「そのうち捨てる」らしいので、輪ゴムでとめて棚の奥へ。
そんな束がゴロゴロしてるなあ・・・
来年の年賀状作成時には夫のお尻を叩いて、捨てさせます。

今年来たハガキには目立つ蛍光ペンで

「来年は出さない」
「去年は来なかったのに、今年は来た。来年はどうする?」
「出してなかったので、寒中お見舞いを出した」

等等とりあえずのメモ書き。
次の年賀状作りが少しでもはかどるように。

去年までは整理整頓の本をお手本にポストイットとかメモ用紙を
はさんでいましたが、今年からは直接ハガキに書きました。
家族以外誰も見ませんしね。

このファイルは普段は開く事ないですが、一年に一度、年賀状を作る
時にはとても役に立つので、「ここが頑張りどころ」と1枚1枚入れました。
めんどくさかったケド・・・
喪中ハガキが来た場合も、頑張ってすぐ、このファイルの該当の所に入れるようにしたら
「あの人、喪中じゃなかったっけ?やべー」
って事がなくなりました。

私としては年賀状って実際にお付き合いのある人、機会があれば
ぜひとも会いたい人、だけに送りたいです。
でも毎年、しっかり送られてきます。
もう会う可能性のない人から。
こういう人って枚数を出すのが楽しいんでしょうか。
職場でちょっとだけ一緒だっただけなのに、もう10年以上送ってくる
おじさんもいます。
こっちからは一度も出したことないのに。チェックしないのかなあ。

私の名前の漢字をずっと間違えてる学生時代の友人もいます。
住所録ソフトに入力する時に間違えたんだな。

毎年同じ構図の家族写真付きを送ってる人もいます。
変わるのは子どもの身長と奥様の老け具合。
子どもを失くされた家庭にも同じ写真付を送ってるから、
少しは相手に合わせて考えたらと思います。

出すのは面倒だけど、もらうと嬉しいので矛盾してますが、
面倒くさがりながらも(コレばっか・・・)、頑張って書いた年賀状が
相手の所で邪魔者扱いされていませんように・・・
と思います。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。