ずっとお片づけ

試行錯誤の末「人を呼べる家」になりました。やっと身に付いた整理整頓する習慣を継続させたいです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

玄関の事 2

キチンとした人と印象づけたい私。
でも実際に玄関を片付け始めたのは今年の春です。

まず実行したのは、

靴の向きを揃えるようにした。
息子が拾ってくる石を戻した。
とっくに使ってないベビーカーを粗大ゴミに出した(有料300円)
靴箱の中の不要品の処分

でした。

中でも靴箱の中の不要品に改めて怒り爆発!

舅からもらった安っぽいビニールポンチョ 十数個(無料配布されていたらしい)
舅専用の道具箱(油刺し・ドライバー・金づち、釘大量 等)
舅が厚手のシーツを裂いて紐状にしたもの大量(ビニール紐より丈夫とか)
舅が持って来た かまぼこ板 大量

舅は変に器用で、廃材で様々な物を作ります。
でもセンスなし、使いにくい、恥ずかしい、で使った事はありません。
なんで舅グッズを我が家にしまってあるんだろう?
舅は同居するつもりなの・・・?

お年寄りは何故か かまぼこ板を捨てませんね。
何故でしょう、再利用できそうだから?・・・何に?

そうそう、傾いた家具の隙間に差し込みなさいと言われたんでした。
でも、家も家具も傾いていないのが普通じゃないでしょうか!
傾いてる、ズレてる事をすんなり受け入れてる自分が情けないです。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。